薬剤師が人間関係に疲れて転職

治験コーディネーターの体験談をみて転職を決意しました

しかし、治験コーディネーターの仕事は良さそうでした。
一人でする仕事ですし、私の薬の知識を生かせます。
先輩にはけなされましたが、私は人と接するのが好きです。
治験コーディネーターだったら、患者さんと接することができます。
新薬の臨床試験を受ける患者さんは不安を感じることもあるでしょう。
そんな患者さんを安心させるために、薬のことを説明するのは生きがいを感じる仕事だと思いました。
少しは不安もありました。
私は薬剤師の仕事の経験しかありません。
そんな人が、治験コーディネーターをできるのだろうかと思うこともありました。
ネットの転職サイトを見ると、この仕事から治験コーディネーターに転職した人の体験談が載っていました。
それを見ると、最初は戸惑いがあったり、失敗したりしても、治験の仕事にやりがいを感じていると書いてありました。
それを見て、転職を決意しました。
自分の住んでいる地域の治験の仕事を見つけて、応募しました。
面接のときに緊張しましたが、何とか乗り越えられたと思います。
調剤薬局の仕事をやめる時は、胸のつかえが消えていきました。
挨拶に行ったときの、ボスの先輩の驚いた顔を見て、嬉しい気持ちになったのです。

薬剤師ですが人間関係に疲れて転職しました | 薬剤師以外の仕事に転職するつもりはありませんでした | 治験コーディネーターの体験談をみて転職を決意しました